橋本健太郎

「人…」。「大切にしているものは何?」と質問したら橋本健太郎さん(25)からこう答えが返ってきた。「人が好き」。さらに続く。人付き合いから生まれるものがある。今はインターネットの時代で情報は自分で好きに見られるけれど、僕は自分から情報を配信できる人になりたい」と。彼の周りには人が集まる。彼には男女問わず友達が多い。「先日、友達のサプライズ・バースディパーティーを開催して大成功した。満足感のあるパーティーができた」と得意げだ。(文責:須藤エナ)

広い交友関係が原因で6年間付き合った彼女と別れる。でも「人好き」は止まらない

普段の彼は毎日パソコンと向き合いながらデザインの仕事をこなす会社員。人と関わる時間よりもPCと一緒にいる時間が圧倒的に長い。お洒落だけどどこか根暗で神経質というイメージが強いデザインの仕事だが、彼にはこのイメージは当てはまらず、気さくで明るい。現在の会社に入社する前にいたリクルート社で営業職をしていたからかもしれない。それでも「人が好き」とさらりと言う男が放つ雰囲気は、どこかなんとなく違う気がする。

埼玉県秩父市出身。父親はコックだった。昔から職人の父の血を引いてか探究心が強い子だった。特に絵が得意で、紙とペンがあればいつどこでも絵を描いていた。悪がきで人の家の木を切ったり柿を盗んだりと、お騒がせな少年時代だった。

服や音楽にも興味を持ち始め、多感な時期を迎える。当時はパンクが好きで髪型や服装もそれに合わせて、スキンヘッドやモヒカンなどと七変化していく。ライブにもたくさん顔を出すようになった。大学時代にはこの音楽好きが高じて、自身でパンクバンドを結成してしまった。活動期間は1年半とそれほど長くはなかったが良い思い出となった。

現在の彼はというと恋愛に夢中だ。現在、片思い進行中らしい。彼の心の中には中学時代、好きだった初恋の子がいる。

「この8月に6年間付き合っていた彼女と別れた。マンネリしていたのもあったけれど、今でも彼女は僕にとって家族のような存在」と元彼女について語ってくれた。「彼女とは6年間のうち2年間、同棲もしていたけどなんだかうまくいかなくなっていった」。

「一番の原因は?」と遠慮がちに聞いてみると意外にも彼はあっさりと「僕の交友範囲の広さを彼女に理解してもらえなかったから」と言う。

人が好きな故に生じてしまった元カノとの別れだが、それでも彼の人好きは止まらない。「こんな僕を理解してくれる人を見つければいい。今は出会いの中から生まれる何かが楽しくてしょうがない」と。これからも新たな出会いを求めて彼は進んでいく。。

座右の品
ブレイブハート

男同士の友情を描いているので。

【略歴】

1981年12月31日生まれ 25歳 埼玉県秩父市出身 東京都下高井戸在住 秩父市立高篠小学校→秩父市立高篠中学校→埼玉県立秩父高校→拓殖大学工学部工業デザイン学科→株式会社広報社(現、北関東リクルートマーケティング社)→株式会社リクルート社出向→ 株式会社ロフトワーク【星座】山羊座【血液型】O型【家族構成】祖父、祖母父、母、弟【趣味】音楽鑑賞、人付き合い【好きな食べ物】お父さんのハンバーグ【嫌いな食べ物】甘酒【お気に入りスポット】下高井戸【好きな芸能人】シド・ビシャス【座右の銘】「do it yourself!」【好きなタイプ】向上心がある人【嫌いなタイプ】向上心が無い人【子どもの頃の夢】数学の先生

TOP
2007-09-10-MON






CATEGORY
恋愛面
人生面
芸術面
社会面
経済面
国際面
スポーツ面