長州力

ライブハウスで日々行われている、数あるイベントの中でも近年群を抜く楽しさを提供している「十代暴動ナイト」。それをオーガナイズし、自主レーベル「十代暴動社」のオーナーでもあるのがこの長州力(ちょうしゅうちから)である。18歳で上京するやいなや自分の気に入ったバンドやDJを集めてイベントを立ち上げはや7年。イベントに呼んだバンド「レシーバーズポンポンヘッド」にダンサーというパート(!)としてオファーされ加入して4年。最近は自らのライフワーク的なこの「十代暴動ナイト」以外にも、音楽を通して知り合った面々とそれぞれ特色のある音楽イベントを成功させている若きオーガナイザー兼ダンサーだ。その非凡な企画力と実行力、そして一度見たら忘れられない長い手足でひょうひょうとしたルックスはみるみるうちに評判が広まり、彼が知り合いのバンドマンらと8月に都内で主催したライブイベント「東京にもあったんだ!」は、2デイズで100バンド出演、500人の観客を動員させるに至った。

目立ちたがり屋で頭の良かった幼少時代から、周囲に「こいつは何かやってくれそうだ」と思われていたという長州力(25)。その予感どおり彼は今、場所状況を越えて数々の面白いことをやってくれている。(文責:富永玲奈)

ルーツは深夜番組「rock the roots」

オーガナイザーを「何かを企画して実行する人」と定義していいのであれば、長州力ほどこの言葉にふさわしい人はいない。田舎で育った彼は小さい頃から、周りに面白いものが何もないので自分で遊びを発明してみんなを楽しませていたというのだから。中学2年でビートルズを知り、友達に古い洋楽のコンピレーションカセットを作ってもらったのが音楽との出会い。間もなく日本のロックにも興味を抱くようになった。しかしこの頃はまだ将来音楽に携わろうとは思わず、釣りが好きだったので釣りのプロもいいなあと思っていたという。

そんな長州と話していると、物事を悲観的にとらえることが全くなく、どんなことも面白いように捉えて呆れるくらい人を楽しませる性格の持ち主だというのがわかる。その物事を斜めから見て面白がる感覚は、彼が高校時代好きだった「rock the roots」という深夜番組で培ったという。ミズモトアキラが司会で、しまおまほやみうらじゅんが出演していたユルいこの番組が長州に与えた影響は大きく、Pizzzicato FiveやBeastie Boysなど、彼のルーツである渋谷系を知るきっかけでもあった。

高2で初めて行ったフジロックで彼は、Sonic Youthのライブを見た。「とにかく枠を超えている」と驚き、自分も音楽の仕事がしたいと思ったと話す。ちなみに「十代暴動」というのはSonic Youthの曲名”Teenage Riot”から取った。このフジロックで受けた感銘が現在の長州力を形成しているといっても過言ではない。当時ギターを手にしてバンドも組んでみたが、「継続した努力が苦手」と自認するように、うまくいかないと感じたという。

「それよりも何か面白いことを考えて実行するような、ひらめきを生かせるものに向いていると今でも思う。だからダンスも、人から与えられたポジションだけれども、自分の感情とかをそのまま動きで、努力しないで表すことが出来るから天賦のものかなと実感してます」。

「一瞬一瞬が楽しければその直後の一瞬も楽しいし、未来だって楽しくなる」

上京して入学した先の大学では、数々の衝撃を受けるほどかっこいいバンドとの出会いがあり、望んだ音楽環境は完璧に整っていたという。このように長州は「音楽の仕事がしたい」という気持ちを、環境を生かしてどんどん実現させていった。そして今も、面白そうだとひらめいたものを本当に形にしてしまう。形にすることができてしまうのだ。しかしそこには肩に力の入った様子や気負いは全く感じられない。

「今が楽しいように、楽しいと思ったことを実行するだけ。一瞬一瞬が楽しければその直後の一瞬も楽しいし、未来だって楽しくなるに決まってるし。いやあ本当そんなすごいことじゃなくて他力本願ですよ」。

そしてひょうひょうと続けた。「そんなトントン拍子じゃなくても、失敗をクヨクヨ引きずらない性格なので、また楽しいことをやっていくだけ。楽しくない状態? う〜ん、楽しいようにしかしていないので、ない、ですね」。

自分の家で古着屋を開いたかと思えば、その後ライブハウスにしてしまったり。長州のひらめきは時々突飛で、思わず呆れてしまうこともあるけれど、本当にそれを実現させてしまうから純粋に凄いとしかいえない。やる前から出来ないと決めつけるような真似を彼は絶対にしないし、日常でもライブでもその言動には気取りがない。それこそ長州力の「ふつう」なのだ。

また、ダンサーとして所属し、自らのレーベルからCDをリリースしているバンド、レシーバーズポンポンヘッドもいい感じだ。彼らの最新アルバム「レシポン温泉」はタワーレコード新宿店インディーチャートでみごと初登場第4位を記録。9月からはツアーで日本各地を回る。

「イベントでもレーベルでも、自分目線で『いいものはいい!』と思うものを紹介していきたい。さっき他力本願って言ったけど、これからは攻めていきたいですね」。この前、彼のレーベルから初めて自分たち以外のバンドKnock note alienのCDがリリースされた。いよいよ今後の動きに注目だ。面白いことになりそうだ。彼は「楽しい」に限界を作らないだろうから。

座右の品
rock the roots

2000年ごろ放映していた音楽番組。ズモトアキラが司会で、しまおまほやみうらじゅんが出演していた。

【略歴】

1983年7月11日生まれ 山口県出身・東京都在住 周東町立米川小学校→柳井市立柳井小学校→同市立柳井中学校→同私立柳井高校→明治学院大学経済学部経済学科→イベントオーガナイザー・ダンサー【星座】蟹座【血液型】O型【趣味】マンガを読むこと(主にB本)【好きな食べ物】カレー・ラーメン【嫌いな食べ物】トマト【お気に入りスポット】定食のたぶち(高円寺)【尊敬する人】両親・友達【座右の銘】毎日を楽しく【好きなタイプ】ホルモンタンク(涙袋)がある人【嫌いなタイプ】暴力を振るう人【子どもの頃の夢】大人たちに褒められるようなバカにはなりたくない

TOP
2008-08-11-MON






CATEGORY
恋愛面
人生面
芸術面
社会面
経済面
国際面
スポーツ面